観光タクシーの種類や機能

街中で走っている一般的なタクシーとは異なり、観光などに特化したタクシーが日本には数多くあります。そのタクシーの名前は観光タクシーと呼ばれるタクシーです。この観光タクシーには様々な種類のタクシーが存在していますが、その多くは名前の通り観光をメインとしたタクシーになります。しかしこの観光タクシーには観光以外に特化したタクシーも存在しています。今回はこの観光タクシーの中でも観光以外にフォーカスを当てたタクシーを紹介させていただきます。まずこの観光タクシーですが、先程からみなさんにお伝えしている通り、観光する方をメインに考えたタクシーですので、ご家族や大人数での観光には最も適しているタクシーと言えるでしょう。3名前後から最大9名前後までが乗車できるさまざなま車種の観光タクシーがあります。観光の用途や人数によって色々な形やサイズのタクシーが存在しています。

そして、今回はこの一般的な観光タクシーではないタクシーのご紹介なのですが、まずご紹介させていただくタクシーがハイヤーと呼ばれるタクシーです。ハイヤーという言葉を聞いたことがある方もいらっしゃるかと思いますが、簡単にご紹介すると乗用車の中でも高級車を使用したタクシーがこのハイヤーと呼ばれるタクシーです。主な利用用途とすれば会社役員の送迎などいわゆるVIPと呼ばれる方を乗せる為のタクシーと思って下さい。このハイヤーはあんどんと呼ばれる車輌上部の看板が付いていない黒タイプの車輌が一般的で通常の乗用車よりも車内のシートが上質な為、VIPの送迎などに適しているのです。そして、このハイヤーは観光というよりは主にビジネスシーンで使用されることが多い観光タクシーです。

ハイヤーの次にご紹介するのが、福祉の為に利用される福祉車輌というタクシーです。福祉車輌は体が不自由な方や車イスの方がタクシーで観光できるように特殊な装置などが設置されたタクシーです。乗車人数は4名から6名前後の車輌の種類が揃っていて、車イスの方が乗ったまま乗車できるようにスロープ付きのタクシーであったり、車イスを降りて移動ができる方用に座席が回転できるようになっているタクシーもあり、利用者によってタクシーの種類を選択することができます。

また、昇降機やストレッチャーが付いている車輌であったり、福祉バスの利用も可能となりますので、大人数での観光の際は非常に重宝できるのがこの福祉車輌の最大のメリットと言えるでしょう。このように観光タクシーには一般的なタクシー以外にも特定のお客様にフォーカスした車輌も備えておりますので、様々なケースによって使い分けることができますので、非常におすすめです。